www.synergy-theshortfilm.com

自動車損害保険には、皆様ももうご存知かと思いますが等級という指標が存在するのです。省略せずに言うとノンフリート等級別料率制度といい、掛け金に関係しているのです。等級という制度は、自動車の保険への加入者の公平性を可能な限り保つことを一番の目的としており自動車事故を生じさせる危険性、車の損害保険を使う恐れがより高ければ高いと見込まれるほど保険料が高くなります。しかし自動車事故を発生させてしまう可能性がより少なくクルマの損害保険を使うと考えにくい人に関しては良い運転者に相違ないと認定されることで、保険の料金が低額になります。安全に自動車をりようする被保険者の方のほうが優遇される仕組みとなっており交通事故を生じさせやすい人にはデメリットのある枠組みであるといえるでしょう。等級という制度は、危険度の低い保険利用者と事故のリスクが比較的大きい運転者の月々の掛金が一緒だと不公平に感じる被保険者が多数なので、会社としてもリスクを少なくするために何が何でも欠くことのできない仕組みだと断言できるのです。では、等級というシステムが詳しくはどういったシステムなのか簡潔に概説します。まずは、等級は1等級に始まり20等級まで定められており数字が大きくなるたびに保険料が安価になるシステムになっていることが重要です。さらに、1等級より3等級の間については割引されず、反対に値上がりし、アクシデントを起こし自動車損害保険を使用してしまうと等級が3つ低くなり、さらに負担がかかる自動車の保険を月々納めることになります。第三に、まったく新規でクルマの保険に加入するならば6等級からの始まりになり、その時点から自分の数字が減っていくのか上がっていくのかはドライバーによります。そういうわけで保険の掛金を低くしたい被保険者はアクシデントを発生させないように日々安全な運転に努めていくのがまずは一番大事だといえるでしょう。